【服を減らすコツ】30代ミニマリスト 24着のクローゼット

 

ここに写ってるものが私の1年分の洋服全部です。

 

f:id:eku_snit:20190921054430j:image

 

アウターやスーツもあわせて24着。このほかに部屋着、下着、タイツ、アウトドア用ウインドブレーカーなどがあって、衣装ケースに入っています。

 

洋服の数は最近あまり増減しないですね。会社勤めなのである程度の数はいるし、冬は寒くなる地域に住んでいるのでアウターもしっかりめのやつを持ってます。

 

あとミニマリストの方は人によっては部屋着を持たない人もいますが、私は部屋着を持ちたいタイプ。ただし部屋着とパジャマは兼用です。このへんは好みですね。

 

 

私の場合の服を減らすポイントを3つ紹介します。

 

 

1.色をしぼる

私の服は白、黒、グレー、ベージュ、紺、キャメルのみ。

どれでも似合って組み合わせやすくて、飽きもしないメンバーという感じです。

 

 

2.季節を問わず着られる素材の服を買う

毛や綿の服はなく、ポリエステル素材の服ばかり持っています。

ニットは冬にしか着られないので、1枚も持っていません。冬にしか着ないのにかさばるし、洗濯しにくいし、虫に食われたりするのを心配したりお手入れするのもめんどくさいというのが理由です。

あ、でもカーディガンは持ってますね。あれもニットか・・笑。

カーディガンは目の細かいものを何枚か持っていて、夏の間も使いますね。職場が冷房で寒いことがあるので、毎日持っていきます。

 

骨格診断ウェーブの私は幸いポリエステルのようなテロンとした素材が似合うこともあり、ポリエステルを超愛用しています。洗濯してもすぐ乾くし汚れも落ちやすく、1年中着られてしわにもならないポリエステル。トップスもスカートもポリエステルばっかりです。

ただ直接肌にあたるとあまり気持ちよくない、ということが唯一のデメリット。なのでインナー(夏はタンクトップ、冬は長袖)には綿100%のものを1年中着ていますし、部屋着はすべて綿100%です。

 

 

3.似合うものを知る

これが一番、洋服を減らす近道かもしれません。

私も骨格診断やカラー診断を知ってからすごく洋服選びがらくになりました。

今までなんとなく「これは似合う」「これは似合わない」と思っていたものはあったけど、なんとなくでしかなかったので、また同じようなものを買って失敗したりしてたんですよね。

それが骨格診断でウェーブ体型だとわかってから、例えば「ハリのある素材は似合わない」とか「麻や綿などの天然素材は似合わない」など、似合わない基準が明確になりました。

 

そしてなんとなく似合うと思っていたものについても、「首まわりが空いているデザインが似合う」「シフォン素材が似合う」など似合うものの共通点がわかったので、服選びが失敗しにくくなりましたね。

 

もともと私は「どうしてもこういう服が着たい!この服で自己表現したい!」みたいなのがあるわけではなくて、似合うもので手入れがらくな服がいいな〜という考えなので、骨格診断・カラー診断を知って本当に良かったです。

 

ちなみにどちらもプロに見てもらったわけではなく自己診断ですが、実際その結果やアドバイスに合った服を選ぶと似合うので、自己診断でも当たっていると思います。

 

 

 

以上、参考になれば嬉しいです(^^)